JAPAN SHISHA TIMESは、日本で最も歴史のあるシーシャ(水タバコ)特化メディア。Shape the Smokeをコンセプトに、シーシャをカルチャーに昇華すべく2016年よりATARが運営。

Shota Jinushi

東京でシーシャに出会ってから、シーシャの魅力に取り憑かれてシーシャ屋に入り浸る日々。 最近では家で毎日5本は吸う。B2 Hookah と Hoob Hookah がマイシーシャ。

スタメンフレーバー
Al Fakher two apple, Afzal ginger ale, TickTock All day

よく使うシーシャカフェ

荻窪シーシャ yutori(オギクボ シーシャ ユトリ)
荻窪駅西口から徒歩3分。お店は半地下にあります。
①半地下の隠れ家的なスペース ②当店が厳選した季節限定のドリンクメニューあり ③スタッフやお客様同士で自然と会話が生まれるアットホームな空間

Other Articles by this Author

ATAR
AMBASSADOR

アンバサダーは公募しておりません。推薦によるスカウトを行っております。

お気軽にご連絡ください

誰もがサードプレイスを持ち、他者との繋がりを感じながら、精神的に豊かな人生を送れる社会を実現させるために2017年より活動して参りました。

そのためにATARSHISHA(アータル)は、シーシャのカルチャーを記録、編集、発信すること通じて、シーシャカルチャーを形作る~Shape the Smoke~させて参ります。

サードプレイスの文脈にシーシャを載せ、ITの発達とともに希薄化されてきたコミュニティー、人間関係を豊かに変えるライフスタイルを提案いたします。

取材・協業などのお問い合わせ

こちらの下部からご連絡ください