場所も日程もNaisho!?完全クローズドコミュニティのシーシャ体験をあなたに。

December 2, 2021
ニュース

オフラインにおける新たなライフスタイルの体験を提供する株式会社Funtral(本社:大阪府大阪市、代表取締役/CEO:丸岡大輝、以下Funtral)は、関西地域にて完全クローズドコミュニティのシーシャ体験を届けるポップアップ「Naisho」を開催いたします。

オフラインにおける新たなライフスタイルの体験を提供する株式会社Funtral(本社:大阪府大阪市、代表取締役/CEO:丸岡大輝、以下Funtral)は、関西地域にて完全クローズドコミュニティのシーシャ体験を届けるポップアップ「Naisho」を開催いたします。

Naishoについて

■ Naishoのコンセプト
"Naisho may be next door to your house"
Naishoはポップアップ毎に開催場所が変わるため、「次にNaishoが開催される場所はあなたの家の隣かもしれない」という思いを込めました。

■ Naishoの概要
Naishoは関西地域にて、不定期でゲリラ開催される完全クローズドコミュニティのシーシャ体験ポップアップとなっています。ポップアップ「Naisho」の詳細につきましては、非公開のInstagramアカウントのストーリーにてフォロワーにのみ事前に告知されます。告知の段階では開催エリアだけが公表され、オンラインで販売されるチケット購入者のみが、当日の開催場所を知ることができます。

■ Naishoの公式SNS
Instagram:https://www.instagram.com/naisho_shisha


■ Naishoで取り扱うシーシャのフレーバー
Naishoで取り扱うシーシャのフレーバーは、たばこ葉を一切使用しないノンニコチンノンタールフレーバーのみとさせていただきます。そのため、受動喫煙や副流煙の心配はなく、たばこの煙が苦手な方やシーシャ未体験の方にも、クリーンで心地よい空間の中シーシャをお楽しみいただけます。

【新型コロナウイルス等感染症対策】
※ご来場の際は必ずマスク着用をお願いいたします。
※ご来場の際は検温及びアルコールスプレーをお願いいたします。
※発熱、倦怠感など体調が優れない場合は、参加をご遠慮ください。

シーシャとは

水たばことも呼ばれるシーシャは中近東で発明された喫煙器具の一種です。フレーバーを加熱することによって発生した煙を水に通して、ろ過されたものを吸って楽しみます。
また、シーシャは煙を一度水に通すので吸い心地が軽いことや、フルーツやスイーツなどフレーバーの種類が豊富なことから男性だけではなく女性にも受け入れられています。
今、若者が求めているのは「Chill」という価値観であり、リラックス効果のあるシーシャはその価値観とフィットしていることから、若者を中心とした幅広い世代に人気が高まっています。

※「Chill」とは心身のリラックスした状態を表す言葉であり、ありのままを肯定する概念。
 近年、若者の間で広まっており「くつろぐ」「まったりする」などの意味で使われる。

代表者 丸岡大輝からのメッセージ

ポップアップ「Naisho」の開催にあたり、シーシャ関連企業をはじめとしてクリエイティブ企業など、多方面の方々のお力添えをいただき無事に準備を終えることができました。この場を借りて感謝の意を申し上げさせていただきます。Naishoを通して「Chill」という価値観に触れることで、人々が新たなライフスタイルを見つけるキッカケになればと願っております。弊社はNaishoの他にもライフスタイルに関連する事業が進行しておりますので、ご一緒いただける企業様はご連絡いただけますと幸いです。

株式会社Funtralについて

■株式会社Funtral
「タノシイの中心に」

Funtralは「オモロいをカタチに」をミッションとしたライフスタイルカンパニーです。ライフスタイル事業ではテクノロジーの力でオンラインとオフラインを掛け合わせた新しいライフスタイルの体験を提供しています。
あらゆる分野で急速にオンライン化が進む現代において、オンラインとオフラインを繋ぐことでオフラインの価値を再定義し、人々の体験価値向上を目指しています。

株式会社Funtral(ファントラル)
所在地:大阪府大阪市西区新町1-14-21
代表者:代表取締役/CEO 丸岡大輝
設立:2020年2月5日
事業内容:ライフスタイルクリエイティブ事業

データ提供元:

JAPAN SHISHA TIMES 編集部

ATAR SHISHA(アータル )が運営する、日本初のシーシャメディアです

関連記事

JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
大人気シーシャブランドのSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規代理店に。シーシャの通販サイトCyberChill(サイバーチル)
CyberChillではシーシャや水タバコの情報が満載。最新の世界のブランドやシーシャの専門用語集についても徹底ガイドシーシャやヴェポライザーの販売事業を手がける株式会社CHK GROUPのオンラインショップ「CyberChill」(https://cyber-chill.com/)は9月23日SHISHABUCKS(シーシャバックス)人気モデルのオーダー受付を開始しました。 CyberChillは近年人気のシーシャやヴェポライザーなどを販売するオンラインショップです。SHISHABUCKS、ODUMAN(オデュマン)、Dschinni(ジーニー)、Klaoud(カラード)、VZ、NOMAD、などドイツやロシアのブランドに強いのが特徴です。 CyberChillは他に類を見ないECサイトです。弊社は2021年現在日本で唯一ロシアやドイツやブラジルのシーシャマーケットを追跡している会社です。サイトやSNSをシーシャ愛好家の人々が興味を持ったり、重要に思ったりしそうな情報をジャンル問わずに更新を続けています。シーシャに関してはミックスの情報や入荷商品の話題だけではなく、特に昨今ロシアやドイツでは動きの速いシーシャビジネス世界全体に関するありとあらゆる情報を網羅しています。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足 茶葉を使用したノンニコチンの “吸うお茶” という新体験 OCHILL株式会社(本社:京都府京都市 / 代表取締役:中沢 渉)は、日本発となるシーシャ(水タバコ)フレーバー及び、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンフレーバーのブランド開発及び販売を推進するプロジェクト『TEASHA(ティーシャ)』を開始いたしました。■ “メイド・イン・ジャパン” シーシャの実現に向けてシーシャカフェと言われる主に水タバコの提供を行う店舗は、東京都内だけでも毎年数倍の増加傾向であり、若い世代を中心に流行していると言われています。シーシャに使用するフレーバーは現在すべてが輸入品であり、たばこ事業法のもと国内での製造及び販売には高いハードルが存在します。その中で、日本のお茶などを原料に “海外で製造したジャパニーズテイストな” シーシャフレーバーの輸入品や、それらを提供する店舗が生まれ始めています。また同様に、ノンニコチンのシーシャフレーバーの開発や販売を進める動きも増加しています。そのような背景から、私たちは国内外の企業と連携した上で、日本発となるシーシャフレーバーをはじめ、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンのフレーバー(吸うお茶®︎)、専用パイプなどの製品化、ブランド開発を推進するプロジェクト『TEASHA』を開始いたしました。現在、複数の企業や研究機関と協力し、フレーバーやハードウェアのR&D、身体への安全性分析などを進行中であり、今後WEBサイトなどを通じてプロジェクトの進捗等を開示していく予定です。