「エストニア・サウナと共にある暮らし展」の開催が決定、エストニア大使館の協賛・協力で 11月28日から12月5日まで、東京・下北沢のギャラリースペース"chotto"にて。

November 19, 2021
ニュース

エストニアサウナの輸入・販売事業を展開するtotonoü(本社:エストニア・タリン、代表:齋藤アレックス剛太)は、エストニアの「サウナと共にある暮らし」をテーマとした写真展を、東京・下北沢にて11月28日〜12月5日にわたって開催することを発表します。初日には、エストニアのサウナ文化をじっくり語るトークイベントも開催。期間中は、エストニアのサウナグッズの販売や、ヴィヒタから着想を得たシーシャ(水タバコ)の提供も行います。


■エストニア・サウナと共にある暮らし展とは
サウナ大国・フィンランドから飛行機で約20分。湾を挟んですぐ向かい側にあるのが、人口約133万人の小国・エストニアです。そんなエストニアもまた、知られざるサウナ大国であることをご存知でしょうか?

古くからフィンランドと文化圏を共にしてきたエストニアでは、紀元前2000年よりサウナ文化が存在したと言われています。北欧・西欧・ロシアの影響を受けながら、独自のサウナ文化を形成しており、今日でも、各家庭に当たり前のようにあるプライベートサウナに象徴されることからも、サウナはエストニア人にとっての日常です。

サウナパーティーの様子

サウナパーティーの様子


2014年にはエストニア南部のスモークサウナ文化の伝統が、ユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、同国には古くから伝わるサウナ文化が今でも残り続けています。一方で、Wi-Fi操作可能な電気ストーブ、ガラスやユニークな木材を使ったデザイナーズサウナが開発されるなど、様々な表情を持っているのが「エストニアのサウナ」の魅力とも言えます。

本展では、そんなエストニアの「サウナ製品」のみならず、「サウナ文化そのもの」をお届けするべく、「エストニアのサウナと共にある暮らし」を象徴する写真作品を展示します。

写真展示イメージ ※実際に展示される写真・レイアウトは異なります

写真展示イメージ ※実際に展示される写真・レイアウトは異なります


期間は11月28日(日)から12月5日(日)まで。期間中は、エストニアのサウナをモチーフとしたサウナグッズの販売や、ヴィヒタから着想を得たシーシャの提供、エストニア人を交えたサウナトークショーなどを行い、1週間にわたって「エストニア」を体験いただける内容をお届けします。

エストニアの個人宅にあるヴィヒタ

エストニアの個人宅にあるヴィヒタ


場所は、下北沢小田急線路跡地の新施設・reloadにある、ギャラリースペース / シーシャカフェ chotto。入場料は店内利用者であれば無料です。

なお、本展示及びイベントは、エストニア・日本友好100周年事業として、エストニア大使館の協賛・協力のもと開催します。


■日本在住のエストニア人を招いたトークイベントも開催


展示期間の初日である11月28日(日)にはトークイベントを開催。ゲストには日本在住のエストニア人であるポール・ハッラステ氏をお招きし、進行をエストニア在住でtotonoü共同創業者である齋藤アレックス剛太が担当します。日本未上陸のエストニアサウナ情報や、知られざるサウナ秘話など、包み隠さずお話しする予定です。

会場では、サウナから着想を得たシーシャや、エストニアの軽食も提供予定です。五感で「エストニア」を体験いただける内容でお届けします。

イベント予約ページ(先着15名):https://totonou-talk-event-01.peatix.com/


■展示概要
エストニア・サウナと共にある暮らし展
主催:totonoü / シーシャカフェ chotto 後援・協力: エストニア大使館
日時:11月28日(日)~12月5日(日) 12:00 開店 23:30 閉店(初日及び最終日は18時閉店)

場所:Shimokitazawa Cafe & Shisha "chotto"
住所:世田谷区北沢3-19-20 “reload” 2-3
アクセス:小田急線/京王井の頭線 下北沢駅 徒歩5分

料金:店内利用者であれば無料でご覧いただけます(チャージ:1,000円、シーシャ:2,000円、1ドリンク制)
※シーシャはシェアすることも可能です(シェアチャージ800円が発生します)
※混雑時は、ドリンクだけのご利用をお断りしております。平日日中は比較的ご案内しやすくなっております。



■トークイベント概要
エストニア  -サウナと共にある暮らし展- トークイベント
日時:11月28日(日) 18:00 開場  18:30 開始
場所:Shimokitazawa Cafe & Shisha "chotto"
料金:3,000円(ヴィヒタ風シーシャ・軽食・1ドリンク付き)
※プログラムは全編日本語でお送りします

●エストニア人目線の、エストニアサウナの魅力とは
●週末は家族と。エストニア人のサウナの入り方
●日本でも続々、エストニア産サウナとは
●サウナと共にある暮らしを、日常へ

予約:https://totonou-talk-event-01.peatix.com/

■注意事項
※本展及びイベントは、シーシャ(水タバコ)を提供している空間であるため、大変恐れ入りますが、20歳以上の方のみを対象としております。ただし、サウナグッズやポストカードの購入希望者には、店頭の屋外スペースにて販売することも可能となっております。
※シーシャ(水タバコ)を吸うことは喫煙行為に当たります。健康リスクが発生する可能性があることを予めご承知おきください。
※感染症拡大予防のため、入場時に検温・手指消毒を実施します。検温時の体温によって、ご入場をお断りすることがございますので、あらかじめご了承ください。



■totonoüについて
https://totonou.co/
totonoüは、“サウナと共にある暮らし”で、心とビジネスが“ととのう”を目指すフルリモート企業です。北欧・エストニアに拠点を構えながら「ととのえる」を専門とするメンバーたちが世界各国からフルリモートで勤務しています。個人用途・事業用途の両面で、北欧サウナの輸入・販売を行っています。

■chottoについて
chottoは、下北沢の小田急線線路跡地でオープンする商業施設・reloadにオープンしたシーシャカフェです。店内にはギャラリースペースを兼ね備え、通常は様々なアーティストの作品が展示してあります。ノンニコチンのシーシャ・ノンアルコールのドリンクメニューを多数取り揃え、クリーンで心地よいシーシャ体験を提供します。

データ提供元:

JAPAN SHISHA TIMES 編集部

ATAR SHISHA(アータル )が運営する、日本初のシーシャメディアです

関連記事

JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
大人気シーシャブランドのSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規代理店に。シーシャの通販サイトCyberChill(サイバーチル)
CyberChillではシーシャや水タバコの情報が満載。最新の世界のブランドやシーシャの専門用語集についても徹底ガイドシーシャやヴェポライザーの販売事業を手がける株式会社CHK GROUPのオンラインショップ「CyberChill」(https://cyber-chill.com/)は9月23日SHISHABUCKS(シーシャバックス)人気モデルのオーダー受付を開始しました。 CyberChillは近年人気のシーシャやヴェポライザーなどを販売するオンラインショップです。SHISHABUCKS、ODUMAN(オデュマン)、Dschinni(ジーニー)、Klaoud(カラード)、VZ、NOMAD、などドイツやロシアのブランドに強いのが特徴です。 CyberChillは他に類を見ないECサイトです。弊社は2021年現在日本で唯一ロシアやドイツやブラジルのシーシャマーケットを追跡している会社です。サイトやSNSをシーシャ愛好家の人々が興味を持ったり、重要に思ったりしそうな情報をジャンル問わずに更新を続けています。シーシャに関してはミックスの情報や入荷商品の話題だけではなく、特に昨今ロシアやドイツでは動きの速いシーシャビジネス世界全体に関するありとあらゆる情報を網羅しています。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足 茶葉を使用したノンニコチンの “吸うお茶” という新体験 OCHILL株式会社(本社:京都府京都市 / 代表取締役:中沢 渉)は、日本発となるシーシャ(水タバコ)フレーバー及び、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンフレーバーのブランド開発及び販売を推進するプロジェクト『TEASHA(ティーシャ)』を開始いたしました。■ “メイド・イン・ジャパン” シーシャの実現に向けてシーシャカフェと言われる主に水タバコの提供を行う店舗は、東京都内だけでも毎年数倍の増加傾向であり、若い世代を中心に流行していると言われています。シーシャに使用するフレーバーは現在すべてが輸入品であり、たばこ事業法のもと国内での製造及び販売には高いハードルが存在します。その中で、日本のお茶などを原料に “海外で製造したジャパニーズテイストな” シーシャフレーバーの輸入品や、それらを提供する店舗が生まれ始めています。また同様に、ノンニコチンのシーシャフレーバーの開発や販売を進める動きも増加しています。そのような背景から、私たちは国内外の企業と連携した上で、日本発となるシーシャフレーバーをはじめ、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンのフレーバー(吸うお茶®︎)、専用パイプなどの製品化、ブランド開発を推進するプロジェクト『TEASHA』を開始いたしました。現在、複数の企業や研究機関と協力し、フレーバーやハードウェアのR&D、身体への安全性分析などを進行中であり、今後WEBサイトなどを通じてプロジェクトの進捗等を開示していく予定です。