Shop Information

She loves you(シーラブズユー)

地下鉄すすきの駅から徒歩1分。札幌市内中心部に位置するシーシャサロンです。昼下がりの午後にひと息ついたり、大切な方との豊かな夜に、是非ご利用下さい。 最大収容人数は43名。お一人でもグループでもご利用できます。 空港連絡バスも徒歩圏のため、観光でお越しの方にもお気軽に利用できます。

北海道札幌市中央区南4条西5丁目8アイビルⅡ 5階
デート 友達とわいわい
明るく広々
月:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 火:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 水:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 木:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 金:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 土:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 日:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 祝前:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m. 祝:2 : 00 p.m. ~ 2 : 00 a.m.
*営業時間は変更する場合がございます
店舗運営に携わる方へ
about THIS SHOP

店舗紹介

地下鉄すすきの駅から徒歩1分。札幌市内中心部に位置するシーシャサロンです。昼下がりの午後にひと息ついたり、大切な方との豊かな夜に、是非ご利用下さい。 最大収容人数は43名。お一人でもグループでもご利用できます。 空港連絡バスも徒歩圏のため、観光でお越しの方にもお気軽に利用できます。

①北海道産のクラフトコーラやハーブティなど、地元ならではのソフトドリンクもございます。 ②入りやすい空間。初めての方も、シーシャが大好きな方にも寄り添ったシーシャを提供します。 ③フレーバーや備品の販売もしております。ホームシーシャでのご不明点もお気軽にお問い合わせください。
*最大4枚の画像を表示

行く前に読みたい

ストーリーはまだありません

もっと深く知る

ATARやJAPAN SHISHA TIMES編集部によるオリジナルコンテンツが表示されます

アクセス/ロケーション

北海道札幌市中央区南4条西5丁目8アイビルⅡ 5階
札幌市営地下鉄南北線すすきの駅下車、2番出口を直進し、最初の横断歩道を渡り右折し、左手にみえる中道を左折。直進すると左手にアイビルⅡのエントランスがあります。
新型コロナウィルス感染拡大防止のための時短・休業処置を適用する場合、営業日時が変更される場合がございます。最新情報は店舗までお尋ね願います。
equipment

設備について

席数

41-50

WI-FI

あり

電源

一部有り

駐車場

なし

喫煙

全席可能

支払い

現金・キャッシュレス対応

個室

貸切

system

料金・システムについて

シーシャ

1800/本~ [シェア料金:0 ~(シェア可能人数:制限なし)]*シーシャのシェア料金はございませんが、お一人様ワンオーダー制のため、ドリンクのみでも入店時ご注文願います。

時間制限

時間制限:混雑時のみあり[混雑時はシーシャ提供時から2時間までの利用とさせて頂きます。]

チャージ

昼: 0 ~ / 夜 : 500 ~ [18時以降入店でお一人様あたり500円のチャージが発生致します。]

ドリンク

フリードリンク:なし / ドリンクオーダー:オーダー必要[ソフトドリンク:550 ~/アルコール:650 ~]*

持ち込み

食べ物 : 不可 / 飲み物 : 時間により可能 / アルコール : 不可能[食べ物の持ち込みは18時までの入店であれば可能です。]

他のエリアのシーシャカフェ・バーを見つける

北海道・東北エリアのシーシャカフェ・バーを探す
北関東エリアのシーシャカフェ・バーを探す
首都圏エリアのシーシャカフェ・バーを探す
甲信越エリアのシーシャカフェ・バーを探す
北陸エリアのシーシャカフェ・バーを探す
このエリアのシーシャ専門店はまだ掲載されていません。
東海エリアのシーシャカフェ・バーを探す
近畿エリアのシーシャカフェ・バーを探す
中国・四国エリアのシーシャカフェ・バーを探す
九州・沖縄エリアのシーシャカフェ・バーを探す

お気軽にご連絡ください

誰もがサードプレイスを持ち、他者との繋がりを感じながら、精神的に豊かな人生を送れる社会を実現させるために2017年より活動して参りました。

そのためにATARSHISHA(アータル)は、シーシャのカルチャーを記録、編集、発信すること通じて、シーシャカルチャーを形作る~Shape the Smoke~させて参ります。

サードプレイスの文脈にシーシャを載せ、ITの発達とともに希薄化されてきたコミュニティー、人間関係を豊かに変えるライフスタイルを提案いたします。

取材・協業などのお問い合わせ

こちらの下部からご連絡ください