海外のブティックホテルのラウンジをイメージしたシーシャラウンジ「GREEN PUBLIC(グリーンパブリック)」が福岡天神今泉にNEW OPEN

January 10, 2022
ニュース

合同会社SWITCHH(本社:福岡市中央区)は、福岡市中央区今泉エリアに海外のブティックホテルのラウンジをイメージしたシーシャラウンジ『GREENPUBLIC』を、2022年1月21日(金)にグランドオープン致します。

1.GREENPUBLICについて

GREENPUBLICは海外のブティックホテルのラウンジからインスピレーションを受け空間設計しました。
こだわりのアートなども設置し広々とした空間でシーシャを吸いながらゆったりと友人と楽しむもよし、一人で仕事をするもよし。カラオケ付きの個室も完備しており、貸切パーティーなど様々なシーンでご利用いただけます。
換気設備などの強化により、今までのシーシャバーの概念を覆すような店舗を実現しました。


2.シーシャについて

シーシャ作り経験豊富なスタッフがお客様に合わせた上質なシーシャをお届けいたします。

シーシャとは?
シーシャとは、日本では「水タバコ」と呼ばれるものです。
一言で表現するならば、ゆったりと香りを楽しむ中東文化発祥の嗜好品です。

フレーバーと呼ばれる香り付けされたタバコの葉は、製造工程で煮たり蒸したりする事で、タバコに含まれるニコチンやタールのほとんどを洗い流しております。(ニコチンは水ですぐ溶けて無くなってしまいます。)

タバコ特有の臭いや、肺へのストレスの要素をカットし、フルーツやスイーツなど様々な味や香りを楽しめることもあり、非喫煙者の方や若い女性のお客様まで幅広い層に受け入れられております。
(引用:https://shisha.tokyo/shisha/)

3.オリジナルドリンクについて

GREENPUBLICでは、シーシャのみならずドリンクにもこだわります。
佐賀嬉野で採れた茶葉を使用した水出し緑茶を使ったカクテルや、瀬戸内産レモンを使用したレモンサワーなど定期的に新しいオリジナルドリンクの開発も行っていきます。


ご予約は、予約サイト及びお電話でお受付させていただきます。ご来店されるお客様が素敵な時間を過ごせますようスタッフ一同誠心誠意努めさせていただきます。皆様のご来店お待ちしております。
なお、オープニングスタッフを募集中ですので興味のある方はメールかお電話でお問い合わせください。



【店舗情報】
プレオープン:1/18(火)-20(木)※プレオープンはご招待のみとさせていただきます。
グランドオープン:1/21(金)
住所:福岡市中央区今泉1-18-18 ペントハウス今泉1F
アクセス:西鉄福岡天神駅 徒歩5分
営業時間:20:00-27:00(変更あり)
電話番号:092-707-0319
Insrtagram:https://www.instagram.com/greenpublic.fukuoka/
予約サイト:https://yoyaku.toreta.in/greenpublic/#/
お問い合わせ:greenpublic.fuk@gmail.com

データ提供元

JAPAN SHISHA TIMES 編集部

ATAR SHISHA(アータル )が運営する、日本初のシーシャメディアです

関連記事

JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
大人気シーシャブランドのSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規代理店に。シーシャの通販サイトCyberChill(サイバーチル)
CyberChillではシーシャや水タバコの情報が満載。最新の世界のブランドやシーシャの専門用語集についても徹底ガイドシーシャやヴェポライザーの販売事業を手がける株式会社CHK GROUPのオンラインショップ「CyberChill」(https://cyber-chill.com/)は9月23日SHISHABUCKS(シーシャバックス)人気モデルのオーダー受付を開始しました。 CyberChillは近年人気のシーシャやヴェポライザーなどを販売するオンラインショップです。SHISHABUCKS、ODUMAN(オデュマン)、Dschinni(ジーニー)、Klaoud(カラード)、VZ、NOMAD、などドイツやロシアのブランドに強いのが特徴です。 CyberChillは他に類を見ないECサイトです。弊社は2021年現在日本で唯一ロシアやドイツやブラジルのシーシャマーケットを追跡している会社です。サイトやSNSをシーシャ愛好家の人々が興味を持ったり、重要に思ったりしそうな情報をジャンル問わずに更新を続けています。シーシャに関してはミックスの情報や入荷商品の話題だけではなく、特に昨今ロシアやドイツでは動きの速いシーシャビジネス世界全体に関するありとあらゆる情報を網羅しています。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足 茶葉を使用したノンニコチンの “吸うお茶” という新体験 OCHILL株式会社(本社:京都府京都市 / 代表取締役:中沢 渉)は、日本発となるシーシャ(水タバコ)フレーバー及び、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンフレーバーのブランド開発及び販売を推進するプロジェクト『TEASHA(ティーシャ)』を開始いたしました。■ “メイド・イン・ジャパン” シーシャの実現に向けてシーシャカフェと言われる主に水タバコの提供を行う店舗は、東京都内だけでも毎年数倍の増加傾向であり、若い世代を中心に流行していると言われています。シーシャに使用するフレーバーは現在すべてが輸入品であり、たばこ事業法のもと国内での製造及び販売には高いハードルが存在します。その中で、日本のお茶などを原料に “海外で製造したジャパニーズテイストな” シーシャフレーバーの輸入品や、それらを提供する店舗が生まれ始めています。また同様に、ノンニコチンのシーシャフレーバーの開発や販売を進める動きも増加しています。そのような背景から、私たちは国内外の企業と連携した上で、日本発となるシーシャフレーバーをはじめ、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンのフレーバー(吸うお茶®︎)、専用パイプなどの製品化、ブランド開発を推進するプロジェクト『TEASHA』を開始いたしました。現在、複数の企業や研究機関と協力し、フレーバーやハードウェアのR&D、身体への安全性分析などを進行中であり、今後WEBサイトなどを通じてプロジェクトの進捗等を開示していく予定です。