パセラ六本木店に大人がゆったり過ごせる空間のシーシャバー「C2(シーツー)」がオープン!非喫煙者・初心者にも、安心して楽しめる新しいチル体験を提供

December 5, 2021
ニュース

株式会社ニュートン(本社:東京都新宿区、グループ代表 CEO:荻野勝朗)が運営する<パセラリゾーツ>六本木店の2階に、シーシャバーの新業態「C2(シーツー)六本木店」が12月1日(水)17時にオープンいたします。カラオケパセラの新ブランドである「C2」は初心者の方でも安心して楽しめる空間シーシャバーとなっており、シーシャに興味はあったけれど、なかなか踏み出せなかった皆様も、安心してご来店ください。

■C2六本木店公式ホームページ:https://www.pasela.co.jp/shisha-c2

<店名・ロゴ:C2に込めた想い>

 目まぐるしいスピードで変化していく日々。疲れた心と気持ちをエネルギー「Charge(チャージ)」できる場所になりたい。

 仕事とプライベートのON/OFFを「Change(チェンジ)」するきっかけの場所としても活用してもらいたい。そんな想いを込めて「C2」と名付けました。

 ロゴにはアルファベットの「C」の中に「シーシャ」のイラストを記し、シーシャをきっかけにチャージ&チェンジしてもらいたいという想いを込めました。

<初心者の方でも安心して楽しめる>

 シーシャバーはちょっと恐そう、といったイメージをお持ちの方も多いですが、ご安心ください。C2は「カラオケパセラ」の新ブランドです。カラオケパセラは、関東や関西に18店舗を構えるバリ島リゾートをコンセプトにした癒しのカラオケ空間です。C2が目指すのは、安心して楽しめる新しいチル体験を提供すること。シーシャに興味はあったけれど、なかなか踏み出せなかった皆様も、安心してご来店いただけます。

<タバコを吸わない方でも楽しめる>

 ノンニコチンフレーバーを数多く取り揃えております。タバコを吸わない方でもお楽しみいただけます。また、店内では紙タバコはご遠慮頂いておりますので、純粋にシーシャの香りが楽しめる空間となっております。

<最高級の「MEDUSE」もラインナップ>

 ハイエンドガラスシーシャ機材の「MEDUSE」をご用意しております。普段はお目にかかりにくい機材ですが、今回のニューオープンに際して数量限定でご用意しました。シーシャ愛好家も一目を置く特別なシーシャで、贅沢なチルタイムをお過ごしください。

<ドリンクや軽食も豊富にご用意>

 C2では豊富なメニューをご用意し、ソフトドリンクもアルコールもシーシャと共にお楽しみいただく事ができます。軽食も豊富に取りそろえておりますので、お一人様でも団体様でも何度来てもお楽しみいただけます。

<店内の様子>

【店舗概要】

店名 :C2(シーツー)六本木店

所在地:東京都港区六本木5丁目16-3 パセラリゾーツ六本木店2F

■C2六本木店公式ホームページ:https://www.pasela.co.jp/shisha-c2
■TikTokアカウント:https://www.tiktok.com/@pasela.roppongi/
■インスタグラムアカウント:https://www.instagram.com/pasela_roppongi/

【会社概要】

株式会社ニュートン(ホールディングス:株式会社NSグループ)
代表者  :グループ代表 CEO 荻野 勝朗

本社所在地:東京都新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル7F

事業内容 :カラオケ・レストラン・ホテル・ブライダル・

      自主企画イベント&ツアーの開催等・総合レジャー産業の企画運営

HP     :https://www.newton-co.jp

データ提供元:

Value Press

JAPAN SHISHA TIMES 編集部

ATAR SHISHA(アータル )が運営する、日本初のシーシャメディアです

関連記事

JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
大人気シーシャブランドのSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規代理店に。シーシャの通販サイトCyberChill(サイバーチル)
CyberChillではシーシャや水タバコの情報が満載。最新の世界のブランドやシーシャの専門用語集についても徹底ガイドシーシャやヴェポライザーの販売事業を手がける株式会社CHK GROUPのオンラインショップ「CyberChill」(https://cyber-chill.com/)は9月23日SHISHABUCKS(シーシャバックス)人気モデルのオーダー受付を開始しました。 CyberChillは近年人気のシーシャやヴェポライザーなどを販売するオンラインショップです。SHISHABUCKS、ODUMAN(オデュマン)、Dschinni(ジーニー)、Klaoud(カラード)、VZ、NOMAD、などドイツやロシアのブランドに強いのが特徴です。 CyberChillは他に類を見ないECサイトです。弊社は2021年現在日本で唯一ロシアやドイツやブラジルのシーシャマーケットを追跡している会社です。サイトやSNSをシーシャ愛好家の人々が興味を持ったり、重要に思ったりしそうな情報をジャンル問わずに更新を続けています。シーシャに関してはミックスの情報や入荷商品の話題だけではなく、特に昨今ロシアやドイツでは動きの速いシーシャビジネス世界全体に関するありとあらゆる情報を網羅しています。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足 茶葉を使用したノンニコチンの “吸うお茶” という新体験 OCHILL株式会社(本社:京都府京都市 / 代表取締役:中沢 渉)は、日本発となるシーシャ(水タバコ)フレーバー及び、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンフレーバーのブランド開発及び販売を推進するプロジェクト『TEASHA(ティーシャ)』を開始いたしました。■ “メイド・イン・ジャパン” シーシャの実現に向けてシーシャカフェと言われる主に水タバコの提供を行う店舗は、東京都内だけでも毎年数倍の増加傾向であり、若い世代を中心に流行していると言われています。シーシャに使用するフレーバーは現在すべてが輸入品であり、たばこ事業法のもと国内での製造及び販売には高いハードルが存在します。その中で、日本のお茶などを原料に “海外で製造したジャパニーズテイストな” シーシャフレーバーの輸入品や、それらを提供する店舗が生まれ始めています。また同様に、ノンニコチンのシーシャフレーバーの開発や販売を進める動きも増加しています。そのような背景から、私たちは国内外の企業と連携した上で、日本発となるシーシャフレーバーをはじめ、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンのフレーバー(吸うお茶®︎)、専用パイプなどの製品化、ブランド開発を推進するプロジェクト『TEASHA』を開始いたしました。現在、複数の企業や研究機関と協力し、フレーバーやハードウェアのR&D、身体への安全性分析などを進行中であり、今後WEBサイトなどを通じてプロジェクトの進捗等を開示していく予定です。