渋谷で新感覚の“ととのい”体験!?焚き火のあるシーシャカフェ「BUTTER tokyo」が「SENTO FOREVER」とコラボ!銭湯・サウナとの融合をテーマにした「 U. 」開催決定!

November 19, 2021
ニュース

焚き火のあるシーシャCafe&Bar「BUTTER tokyo」を運営する、nowhere inc.(本社:東京都渋谷区、代表取締役:酒井大輝)は、銭湯やサウナをテーマにしたデザインやイベントなどを手掛けるプロジェクトチーム「SENTO FOREVER」とのコラボイベント「U.(ユーテン)」を、“いい風呂の日” である2021年11月26日より、渋谷「BUTTER tokyo」にて開催いたします。


イベントには、銭湯やサウナ関連のブランド・人・モノが多数集結し、グッズ販売や、“ととのう” をテーマにセレクトされた音楽や香り、ドリンクを、焚き火を囲いながら楽しむことができます。また、「サウナ」や「珈琲牛乳」をイメージして開発された期間限定のシーシャのフレーバーを味わうことができ、「BUTTER tokyo」と「SENTO FOREVER」の融点である「溶かす」×「沸かす」、2つのコンセプトが融けあう場所になっています。

開催概要


『 U.(ユーテン)』
■会期:2021年11月26日(金)~12月5日(日)
※11/26(金) のみ完全招待枠となっております。
■営業時間:14:00~26:00
■場所:「BUTTER tokyo」
 東京都渋谷区円山町28−8 第18宮庭マンション 10
■特設サイト:https://u-butter-forever.studio.site
※来場者全員に「 U.(ユーテン)」ノベルティステッカーをプレゼントいたします。
※本イベントは有料となります。
※感染症拡大防止等の観点から入場者数の制限、営業時間の変更となる場合がございます。

主催:BUTTER tokyo  
企画制作:BUTTER tokyo / SENTO FOREVER

参加企業/ブランド/クリエイター


SENTO FOREVER / スーパー銭湯さしすせそ / koyoi / 伊良(いよし)コーラ / 上野蘭平 / KINOKA / ふろむ永井 / BathHaus / BUTTER tokyo / utri(Flower design)/ Vihta JP/ 西小山 東京浴場 (※敬称略・順不同)​

クリエイターピックアップ


菅野 結以(カンノ ユイ)

『LARME』『PECHE』『GIANNA』のレギュラーモデルとして活動する傍ら、アパレルブランド『Crayme,』のデザイナーや、TOKYO FM『RADIO DRAGON-NEXT-』パーソナリティ、DJなど、その活動は多岐にわたる。SNSの総フォロワー数は約100万人。サウナ好きが高じて熱波師資格を取得、各地イベントで活動中。

今回は「U.」のイベントのためだけに、オリジナル楽曲プレイリスト「U.Day-time」「U.Night-time」2パターンを選曲していただきました。「U.」の会場でもある「BUTTER tokyo」の、昼と夜とでガラリと変わるお店の雰囲気をお楽しみください。

Instagram:http://instagram.com/yui_kanno
Twitter::http://twitter.com/Yuikanno

プロフィール


BUTTER tokyo(バタートーキョー)


「焚き火を見つめながら、シーシャと、深呼吸を。」をテーマに、“何もしない”時間の居心地を追求し、店内中央に「焚き火(バイオエタノール暖炉)」を設置することで、東京にいながらも、自然の中でキャンプファイヤーをしているかのような、新しい体験ができるシーシャカフェ。シーシャの吸い心地はもちろん、独自のフレーバーの改良や開発を繰り返す。大都会 渋谷で、焚き火×シーシャという新しい体験を提供している。

Instagram:https://www.instagram.com/butter_tokyo
Twitter::https://twitter.com/butter_tokyo

SENTO FOREVER

「銭湯文化を永遠に!」をビジョンに掲げ、デザインで沸かすプロジェクトチーム。銭湯クリエイターズマーケット「湯沸かし市」「POP UP SENTO パルコ湯」などを手がける。銭湯やサウナをテーマにしたイベントの企画・運営、クリエイターのキュレーション、空間プロデュース、グッズのデザインなどを通して、銭湯に行くきっかけを作り出している。

HP:https://sentoforever.studio.site/
Instagram: https://www.instagram.com/sentoforever/
Twitter: https://twitter.com/sentoforever

データ提供元:

JAPAN SHISHA TIMES 編集部

ATAR SHISHA(アータル )が運営する、日本初のシーシャメディアです

関連記事

JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
大人気シーシャブランドのSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規代理店に。シーシャの通販サイトCyberChill(サイバーチル)
CyberChillではシーシャや水タバコの情報が満載。最新の世界のブランドやシーシャの専門用語集についても徹底ガイドシーシャやヴェポライザーの販売事業を手がける株式会社CHK GROUPのオンラインショップ「CyberChill」(https://cyber-chill.com/)は9月23日SHISHABUCKS(シーシャバックス)人気モデルのオーダー受付を開始しました。 CyberChillは近年人気のシーシャやヴェポライザーなどを販売するオンラインショップです。SHISHABUCKS、ODUMAN(オデュマン)、Dschinni(ジーニー)、Klaoud(カラード)、VZ、NOMAD、などドイツやロシアのブランドに強いのが特徴です。 CyberChillは他に類を見ないECサイトです。弊社は2021年現在日本で唯一ロシアやドイツやブラジルのシーシャマーケットを追跡している会社です。サイトやSNSをシーシャ愛好家の人々が興味を持ったり、重要に思ったりしそうな情報をジャンル問わずに更新を続けています。シーシャに関してはミックスの情報や入荷商品の話題だけではなく、特に昨今ロシアやドイツでは動きの速いシーシャビジネス世界全体に関するありとあらゆる情報を網羅しています。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足 茶葉を使用したノンニコチンの “吸うお茶” という新体験 OCHILL株式会社(本社:京都府京都市 / 代表取締役:中沢 渉)は、日本発となるシーシャ(水タバコ)フレーバー及び、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンフレーバーのブランド開発及び販売を推進するプロジェクト『TEASHA(ティーシャ)』を開始いたしました。■ “メイド・イン・ジャパン” シーシャの実現に向けてシーシャカフェと言われる主に水タバコの提供を行う店舗は、東京都内だけでも毎年数倍の増加傾向であり、若い世代を中心に流行していると言われています。シーシャに使用するフレーバーは現在すべてが輸入品であり、たばこ事業法のもと国内での製造及び販売には高いハードルが存在します。その中で、日本のお茶などを原料に “海外で製造したジャパニーズテイストな” シーシャフレーバーの輸入品や、それらを提供する店舗が生まれ始めています。また同様に、ノンニコチンのシーシャフレーバーの開発や販売を進める動きも増加しています。そのような背景から、私たちは国内外の企業と連携した上で、日本発となるシーシャフレーバーをはじめ、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンのフレーバー(吸うお茶®︎)、専用パイプなどの製品化、ブランド開発を推進するプロジェクト『TEASHA』を開始いたしました。現在、複数の企業や研究機関と協力し、フレーバーやハードウェアのR&D、身体への安全性分析などを進行中であり、今後WEBサイトなどを通じてプロジェクトの進捗等を開示していく予定です。