大人気シーシャブランドのSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規代理店に。シーシャの通販サイトCyberChill(サイバーチル)

October 16, 2021
ニュース

CyberChillではシーシャや水タバコの情報が満載。最新の世界のブランドやシーシャの専門用語集についても徹底ガイド

シーシャやヴェポライザーの販売事業を手がける株式会社CHK GROUPのオンラインショップ「CyberChill」(https://cyber-chill.com/)は9月23日SHISHABUCKS(シーシャバックス)人気モデルのオーダー受付を開始しました。
 CyberChillは近年人気のシーシャやヴェポライザーなどを販売するオンラインショップです。SHISHABUCKS、ODUMAN(オデュマン)、Dschinni(ジーニー)、Klaoud(カラード)、VZ、NOMAD、などドイツやロシアのブランドに強いのが特徴です。

 CyberChillは他に類を見ないECサイトです。弊社は2021年現在日本で唯一ロシアやドイツやブラジルのシーシャマーケットを追跡している会社です。サイトやSNSをシーシャ愛好家の人々が興味を持ったり、重要に思ったりしそうな情報をジャンル問わずに更新を続けています。シーシャに関してはミックスの情報や入荷商品の話題だけではなく、特に昨今ロシアやドイツでは動きの速いシーシャビジネス世界全体に関するありとあらゆる情報を網羅しています。


現在のデバイスのうちマスプロ品は中国、ハイエンド機はドイツやロシア製のメーカーが多く国産はほとんど存在しません。入手には輸入が不可欠ですが、送料や商慣習の違いから個人輸入の難しいデバイスも多く存在します。特に2021年1月28日、ロシア連邦では連邦法FZ-15の改正が施行され、シーシャ関連商品の遠隔販売が禁止されました。入手難易度が非常に高まりましたがCyberChillにお任せ下さい。お取り寄せやリクエストなど全て承ります。個人のお客様だけでなく事業主様のリクエストや卸売りも受け付けております。プロショップにこそ良い品物、正規品を使用してお客様をもてなしてほしいと願っているからです。



弊社では長年にわたる仕入れのノウハウと経験を生かして業界最高峰の品揃えを実現しています。この度私たちは人気Youtuberが愛用していることにより人気が過熱、欠品気味で価格が高騰していたSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規ディーラーとなりました。(https://www.shishabucks.com/world/cyber-chill
SHISHABUCKSは人気のあまり品薄で価格が高騰しフリマサイトなどで転売のターゲットにされてきていた状況を解決するべく安定供給と適正価格での流通に努めます。

■人気Youtuber愛用によって人気に火がついたSHISHABUCKS
これまでに見たことのある伝統的なシーシャとは異なります。大都市の建築物やモダンなライフスタイルからインスピレーションを受けています。しかしその本質は変わらず高品質な煙によるリラックス体験です。



プレミアム素材のみを使用しています。金属部分はすべて陽極酸化アルミニウム、ウォーターベースは極厚のアクリル、ホースは食品用のプレミアムシリコンで製造されています。

計算されつくされた設計



精密な計算に基づいて設計されています。すべてのコネクターは気密性が高く、すべてのチューブは完璧なドローイングのために一定の直径を持っています。製品設計の際には、エンジニアリングソフトウェアを駆使して気流のテストや熱シミュレーションを行っています



■オンラインショップ「CyberChill」
http://cyber-chill.com/

■公式アカウント
Twitter:https://twitter.com/chill_cyber

■取り扱いブランド一例
SHISHA BUCKS(シーシャバックス)
Dschinni(ジーニー)
Oduman(オデュマン)
Kaloud(カラード)
VZ hookahs
RF HAND MADE
Makloud hookah
GEOMETORY HOOKAH
NOMAD
MEXANIKA SMOKE
Conceptic Design
Mamay Customs
UNION Hookah
FUMARI
NIRVANA
FML
STARBUZZ
SOCIAL SMOKE
UGLY HOOKAH
CHILL CLOUD
TABU
COBRA
SPLIT
DARKSIDE
DAIRY Hookah
SEBERO
KINGCO
PAX3 vaporizer
Lotus Pipe kit
Tinymight vaporizer
ZEUS ARC GT
HR FURY EDGE
HR ROGUE


データ提供元:

JAPAN SHISHA TIMES 編集部

ATAR SHISHA(アータル )が運営する、日本初のシーシャメディアです

関連記事

JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
大人気シーシャブランドのSHISHABUCKS(シーシャバックス)の正規代理店に。シーシャの通販サイトCyberChill(サイバーチル)
CyberChillではシーシャや水タバコの情報が満載。最新の世界のブランドやシーシャの専門用語集についても徹底ガイドシーシャやヴェポライザーの販売事業を手がける株式会社CHK GROUPのオンラインショップ「CyberChill」(https://cyber-chill.com/)は9月23日SHISHABUCKS(シーシャバックス)人気モデルのオーダー受付を開始しました。 CyberChillは近年人気のシーシャやヴェポライザーなどを販売するオンラインショップです。SHISHABUCKS、ODUMAN(オデュマン)、Dschinni(ジーニー)、Klaoud(カラード)、VZ、NOMAD、などドイツやロシアのブランドに強いのが特徴です。 CyberChillは他に類を見ないECサイトです。弊社は2021年現在日本で唯一ロシアやドイツやブラジルのシーシャマーケットを追跡している会社です。サイトやSNSをシーシャ愛好家の人々が興味を持ったり、重要に思ったりしそうな情報をジャンル問わずに更新を続けています。シーシャに関してはミックスの情報や入荷商品の話題だけではなく、特に昨今ロシアやドイツでは動きの速いシーシャビジネス世界全体に関するありとあらゆる情報を網羅しています。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
10/16/2021
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足
日本発のシーシャブランド開発プロジェクト『TEASHA』が発足 茶葉を使用したノンニコチンの “吸うお茶” という新体験 OCHILL株式会社(本社:京都府京都市 / 代表取締役:中沢 渉)は、日本発となるシーシャ(水タバコ)フレーバー及び、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンフレーバーのブランド開発及び販売を推進するプロジェクト『TEASHA(ティーシャ)』を開始いたしました。■ “メイド・イン・ジャパン” シーシャの実現に向けてシーシャカフェと言われる主に水タバコの提供を行う店舗は、東京都内だけでも毎年数倍の増加傾向であり、若い世代を中心に流行していると言われています。シーシャに使用するフレーバーは現在すべてが輸入品であり、たばこ事業法のもと国内での製造及び販売には高いハードルが存在します。その中で、日本のお茶などを原料に “海外で製造したジャパニーズテイストな” シーシャフレーバーの輸入品や、それらを提供する店舗が生まれ始めています。また同様に、ノンニコチンのシーシャフレーバーの開発や販売を進める動きも増加しています。そのような背景から、私たちは国内外の企業と連携した上で、日本発となるシーシャフレーバーをはじめ、タバコ葉ではなく茶葉を使用したノンニコチンのフレーバー(吸うお茶®︎)、専用パイプなどの製品化、ブランド開発を推進するプロジェクト『TEASHA』を開始いたしました。現在、複数の企業や研究機関と協力し、フレーバーやハードウェアのR&D、身体への安全性分析などを進行中であり、今後WEBサイトなどを通じてプロジェクトの進捗等を開示していく予定です。