赤羽 SHISHA de TREE、赤羽の仲間が集う隠れ家的シーシャ(水たばこ)カフェ |シーシャ(水たばこ)専門店情報 - JAPAN SHISHA TIMES

July 4, 2021
シーシャについて

人気沸騰中の東京都北区赤羽、
実はシーシャもアツいんです。

安い飲み屋が軒を連ねる
飲んべえの下町から、
レトロとモダンな下町情緒が住みやすいと
若者を惹きつける街へと姿を変えています。

「山田孝之の東京都北区赤羽」という
ドキュメンタリードラマでも話題となりましたね。

そんな北区赤羽第一商店街の一角にある
都内シーシャカフェの中でも屈指の
お洒落シーシャカフェをご紹介します!

団欒、賑わう、帰る場所

「SHISHA de TREE」
(シーシェイドツリー)

JR赤羽駅東口から徒歩3分
駅前の一番街商店街の並びにある
シーシャカフェ

ちょっと見ただけでは、
ここが何屋さんなのかわからない
おしゃれな外観。

店内に入ると間接照明と
木目調の優しい空間が広がっています。

時にひとり静かに、時に仲間と賑やかに
「居心地の良い時間」を提供してくれる。

「その場で生まれるコミュニケーションを大切に」というコンセプトのもと

ひとりでも友達とも他のお客さんとも、
お店全体で和気藹々とした雰囲気が漂っています。

もちろん新参者でも
すぐに仲良くなれてしまう不思議な空気感。
フレンドリーな店員さんと赤羽男女で
心地よい空間を作り出しています。

いつの間にか自分のお気に入りのサードプレイスのリストに入り。

安らぐ心、薫る香煙

なんと言っても徹底的に
研究されたシーシャが抜群。

「味にゴールは作らない。」

という信念のもと
試行錯誤により開発された温度管理と、
こまめなメンテナンスによってお客さんの好みに合ったシーシャを提供してくれます。
向上心の塊オーナーさんよる進化が止まりません。

美味しいミックスや吸い方も丁寧に教えてくれて、シーシャ初心者でも安心して愉しめます。

メニューにあるミックスリコメンデーションはどれも絶品でオススメ。
筆者もいつもこのリストから選びます。

フレーバー選びに困ったらハズレ無しのこのリストから選べるのが嬉しいですね。

店先でシーシャを吸えるのも魅力。
暖かい季節には外で開放感とともに
プチアウトドアシーシャを楽しんでみてはいかがでしょうか。

香り立つ、豆湧き立つ煙

ここでシーシャのお供として頼みたいのが、
旨味たっぷりのサイフォンコーヒー

バリスタの経験もあるオーナーさん監修のもと、一杯一杯丁寧に淹れてくれるコーヒーは格別です。

加熱されたお湯が華麗にコーヒーに変わっていく様を見ていて楽しい。

もちろんソフトドリンクや
美味しいカクテルもあるので、
シチュエーションに合わせて
使い分けられるのも魅力の一つ。

注目のスポット赤羽に
自分の居場所を加えてみては
いかがでしょうか!

こちらのシーシャカフェ情報

住所 東京都北区赤羽1-22-6
TEL 03-6454-4042
営業時間
平日 17:00~26:00
土日祝日 14:00~26:00
電源・wifi あり
定休日 なし
カード利用 不可
交通アクセス
赤羽駅東口改札 徒歩5分

JAPAN SHISHA TIMES 編集部

ATAR SHISHA(アータル )が運営する、日本初のシーシャメディアです

関連記事

令和2年10月1日実施のたばこ税の手持品課税について
国のたばこ税の手持品課税について Q&A‍Q:たばこ税の税率改正は、どのたばこ税が該当しますか?A:製造たばこに係るたばこ税、道府県たばこ税及び市町村たばこ税の税率改正に該当します。‍Q:手持品課税は、どのたばこ税が該当しますか?A:国たばこ税が該当します。国たばこ税は、たばこの製造場から製造たばこが出荷された時に課される税です。海外で製造されたたばこを輸入する場合は、輸入した段階で関税で支払われるたばこ税です。‍Q:シーシャの場合はいくら増税になりますか?A:1kgあたり¥1,000円の増税( ¥14,244 から ¥15,244)になります。‍Q:税率改正にあたりどのような対応が必要になりますか?A:販売用の製造たばこを合計20,000本以上(フレーバー 20kg以上)所持するたばこ販売業者は、「手持品課税」の対象になります。国たばこ税の増税分の納税が必要になります。‍Q:出張販売の許可を持つ事業者はどのような対応が必要になりますか?A:出張販売先での小売販売事実の記帳は、出張販売の許可を受けている小売販売業者が行う必要があります。出張販売の許可の発行元である小売り販売の許可を持つ事業者へ製造たばこの在庫を報告し、「手持品課税」の対応をしてください。‍Q:10月1日の税率改正前に購入した分の納税は完了しています。対応は必要ですか?A:対応は必要です。令和2年10月1日午前0時現在において、販売用の製造たばこを合計20,000本以上(フレーバー 20kg以上)所持するたばこ販売業者の方に対して、たばこ税の「手持品課税」が行われます。‍Q:今回の「手持品課税」に対応しない場合どうなりますか?A:脱税によるたばこ税法違反となり、10年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金となります。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
9/26/2021