「AZURE(アズアー)」透明感のある味わいで話題のシーシャフレーバー日本上陸

May 23, 2021
シーシャについて

透明感のある味わいで話題の「AZURE(アズアー)」が日本に上陸しました。

「アズアー(Azure)」は「Tokyo Shisha(2019年設立・東京)」が総代理店として、シーシャカフェばんびえん(高田馬場・中野)と共に日本に提供しています。

Tokyo Shisha:(https://tokyoshisha.com/

「アズアー(Azure)」には「GOLD LINE」と上級者向けの「BLACK LINE」の2つの商品ラインがあり、「GOLD LINE」からは46種類、「BLACK LINE」からは39種類と合計85種類(2019年4月時点)に上る豊富なフレーバーが提供されています。

今回は日本市場の特徴を元に提供フレーバーを絞り、「GOLD LINE」の中で25種類を提供しています。(5月24日(金)提供開始)

「AZURE(アズアー)」はアメリカンフレーバーらしいやわらかでボリューム感のある煙を楽しめます。また、温度を上げても焦げにくいため扱いやすいフレーバーでもあります。

実際に「AZURE(アズアー)」を吸った人からは

お菓子系フレーバーが秀逸。レモンマフィンはその代表作。ブルーベリーマフィンもそうだけど、フマリを超えてるマフィンの再現度。シナモンクッキーも、クッキーの再現度が異常。

今までに無かった味を完成させている。世界的に美味しいライチがなかった中、求めてた以上のライチが出てきたり、レモングラスなんて完成しすぎてアズアー以外のメーカーから作る必要無いと思う。

といった声が上がっています。

販売元である「Tokyo Shisha」に、アズアーでのシーシャの作り方に関するアドバイスを求めたところ、以下のコメントをいただけました。

他のフレーバー同様、ファンネルボウルで吸う際は、シロップを多目に使用すると濃厚な味わいが楽しめます。エジプシャンボウルで吸う際は、アルミを貼ってアマボーストを使用すると良いです。エジプシャンボウルでシロップ入れすぎると、シロップを焼いて揮発するまでムラが出てしまいます。しかしアマボーストを使用する事で温度を安定させることができ、どっしりとした味を楽しめます。

小売価格は¥3,400/100g。ECと店舗での販売を行なっており、タバコ小売販売等の免許を取得している業者への卸売にも対応しています。

EC:Tokyo Shisha(https://tokyoshisha.com/

店舗:ばんびえん(https://vangvieng.jimdo.com/

商品画像

*たばこ事業法により、上画像のように喫煙による健康リスク表示が義務付けられています。

Yuki Tokoi

マレーシアでシーシャに出会い、帰国後の2017年アータル創設。新卒でリクルートに入社し、企画職を経てコンサルティングファームに転職。大手企業に対するDX系新規事業の立案支援やブランディング・マーケティング領域を担当。

関連記事

令和2年10月1日実施のたばこ税の手持品課税について
国のたばこ税の手持品課税について Q&A‍Q:たばこ税の税率改正は、どのたばこ税が該当しますか?A:製造たばこに係るたばこ税、道府県たばこ税及び市町村たばこ税の税率改正に該当します。‍Q:手持品課税は、どのたばこ税が該当しますか?A:国たばこ税が該当します。国たばこ税は、たばこの製造場から製造たばこが出荷された時に課される税です。海外で製造されたたばこを輸入する場合は、輸入した段階で関税で支払われるたばこ税です。‍Q:シーシャの場合はいくら増税になりますか?A:1kgあたり¥1,000円の増税( ¥14,244 から ¥15,244)になります。‍Q:税率改正にあたりどのような対応が必要になりますか?A:販売用の製造たばこを合計20,000本以上(フレーバー 20kg以上)所持するたばこ販売業者は、「手持品課税」の対象になります。国たばこ税の増税分の納税が必要になります。‍Q:出張販売の許可を持つ事業者はどのような対応が必要になりますか?A:出張販売先での小売販売事実の記帳は、出張販売の許可を受けている小売販売業者が行う必要があります。出張販売の許可の発行元である小売り販売の許可を持つ事業者へ製造たばこの在庫を報告し、「手持品課税」の対応をしてください。‍Q:10月1日の税率改正前に購入した分の納税は完了しています。対応は必要ですか?A:対応は必要です。令和2年10月1日午前0時現在において、販売用の製造たばこを合計20,000本以上(フレーバー 20kg以上)所持するたばこ販売業者の方に対して、たばこ税の「手持品課税」が行われます。‍Q:今回の「手持品課税」に対応しない場合どうなりますか?A:脱税によるたばこ税法違反となり、10年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金となります。
JAPAN SHISHA TIMES 編集部
9/26/2021